2011年3月 5日 (土)

サスペンス撮影道中?

今日はお休み。

父が写真を撮りに行きたい所があるからと言いだし、

朝早くからお出掛けする事になった。

いつもの時間より少し早く、すっとドアが開いたと思ったとたん、

母が「起こせ」と呟いた。

げっと思った瞬間、嬉しそうなウーが私に飛びついて来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・なんでこんな命令はしっかり聞くの

あわあわ言いながら起きだし、とっととお出掛け。

山陽道にのり、三木SAに寄って、まずはウーのお散歩を済ませ、

まだ食べていなかったモーニングを食べた。

Photo_13

ホテルが経営しているらしく、なかなか豪勢な感じで、

パンがふわふわで柔らかくて、とっても美味しかった

満腹になり、トイレ休憩を挟みつつ、琵琶湖まで一直線。

どこだったかよく分からないが、

父がTVで見つけた菜の花畑に到着。

6

すぐ後ろは琵琶湖と雪山が広がり、綺麗な景色で、

何人もの人達がほのぼのとしていた。

他に何にもないけど、観光スポットになってた

ひとしきり写真を撮った後、今度は京都に移動。

その途中、せっかく琵琶湖に来たんだしと、

サスペンスでも定番の舞台になる、「浮御堂」に寄った。

5

こんなに小さいのとびっくりした。

もっともっと広いと思ったのは、TVマジックだろうか

その後、比叡山に移動し、まずはお昼にしようと、

食堂のおそばを食べた。

Photo_14

名物らしいが、ものすごく普通だった。

それでも美味しかったけどね

その後、延暦寺に入り、あちこち探索。

Photo_15

願いが叶う鐘らしい

2

4

これが国宝だそうで、ちょうど修繕工事をしていた。

ふんふんと言いながら見ていたが、肝心な所は全部撮影禁止。

・・・・・・・・・・・・・・・・・お寺ってほんとに

その後、漸く京都に入り、北野天満宮に行った。

3

さすがは三大天満宮の1つだけあって、

受験合格祈願にずらっと人が並んでいた。

私はお祓いをしてもらう必要はないので、

列の横からちょっとだけお参りし、

すぐ回りにある梅をみる事にした。

5_2

梅は菅原道真公の好きな花だったそうで、

亡骸が祭ってあるという大宰府も梅で有名。

魂が祭ってあるというここも、当然、梅は超有名。

柵で仕切ってある梅園の方はお金が要るが、

境内の至る所に梅が咲いているので、

そちらでも沢山の人達が梅に見入っていた。

私もぱしゃぱしゃと写真を撮っていると、

周りからくすくすと笑い声がする。

もしやと思って振り向いてみると、私の足元を指さし笑っている。

1135

吠えないようにと、またオヤツをくわえさせていたので、

それがとてつもなく可愛い

・・・・・・・・・・・・やっぱ赤ん坊に見えるな

| コメント (0)

2009年10月22日 (木)

今年、最後のお祭り

今日はお休みなので、寝不足を解消しようと、

ゆっくり朝寝をしていると、ウーが半泣きで飛びついて来た。

ぎゃぁーと呻くと、ウーはむぎゃぁと大暴れ。

何~?と時計を見ると、朝8時半過ぎ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・なんでや

てか、朝8時に仕事に出るはずなのに、なんで居ると思うと、

ダイニングの方から、母がウーを呼ぶ声が聞こえた。

・・・・・・・・・・・・・・・・休みになったのね

その後も、ウーは何度も何度も私の元に来ては、

遊んで、かまって、起きて~と横で暴れるので、

仕方なく、朝9時過ぎに起きた。

起きたとたん、ウーは、母と私に、

「さぁ、お出掛けやっ」とおねだり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・だから、なんでやねん

結局、まだ少し早いがと言いながら、お出掛け。

母の年金の手続きの為、銀行に行き、

市役所に行き、社会保険事務所に行った。

銀行で、私に少しだけお散歩に連れて行ってもらい、

上機嫌だったウーも、その後、ずっと車でお留守番で、

すっかり不機嫌になり、ぐじぐじしていたので、

仕方なく、目の前に在った公園へ行った。

Photo_3  

 

 

 

 

 

 

 

こんなとこに公園出来てたのね

しかも、出来たてなのか、途中なのか、

工事用のフェンスで、囲ってある所もあった。

それにしても、真新しく綺麗な公園なのに、

物凄いゴミだらけで、ベンチの所は足の踏み場もない程。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・あかんやろ

それでも、ゴミのない所を見つけて、

少しだけボール遊びをしたので、ウーはご機嫌。

にこにこするウーと車に戻り、少し待つと、

母が手続きを済ませて戻って来たので、

今度は私の用の為、手柄の「えぷろん」に移動。

沢山のお菓子を買って車に戻ると、お昼になったので、

ランチをする事にし、同じ手柄に在る「てつや」に行った。

ホットペッパーを使って、てつや御膳、1050円を注文。

Photo_4  

 

 

 

 

 

 

 

1年ぶり位だったが、美味しかった

でも、土瓶蒸しに松茸入ってたけど、香りはしなかった。

ほんとに松茸だったんだろうかと言いながら、

今度はウーのオヤツを買いに、「アミーゴ」へ移動。

ごろごろと遊んでいたウーは、お店の傍に着くまで、

全く気が付かなかったが、ひょこっと顔を覗かせ、

「アミーゴ」が目の前に在るのを見て、

びくんと身体を震わせ、「降りる~」と大騒ぎ。

ほんまに「アミーゴ」が好きやなぁ

はいはいと言いながら、ウーをカートに乗せ、

大騒ぎするウーを、子犬コーナーに連れていくと、

ウーは子犬達にすり寄り、遊ぼうと必死。

しかし、どの犬もぎょっとするだけで、

遊んでくれるわけがない。

しかし、ウーと同じジャック・ラッセル・テリアのメスが、

売り場に居たので、近寄ってみると、ウーに興味津々。

ところが、ウーは斜め下に居た柴犬に興味津々で、

ジャックのメスの事など、ちっとも見ない。

・・・・・・・・・・・ほんまに、目の前を見ない犬よね

その後、買い物をして帰宅し、ごろごろしていると、

夕方になり、父が帰宅し、夕食後、

どうしても魚吹祭りに行きたいと言うので、

運転手として駆り出された。

当然、お出掛けの準備を始めたとたん、

ウーは大喜びで跳び付いてくるので、置いていけない。

結局、母まで付いて来て、皆でお出掛け。

神社の表側には近寄れないので、裏側から入ると、

物凄い人で何が何やら、兎に角、人混みをかき分け、

何とか表側に移動。

その間、あまりの人でウーが潰されそうだったので、

抱き上げ、肩に担いで、移動していたので、

すれ違う人達が「可愛い~」と寄って来る。

人なつっこいウーは大喜びですり寄るので、

見知らぬ女の子にちゅーまでされていた。

・・・・・・・・・・・・・・ナンパ率、ほぼ100%

その後、やっとの事で、ダンジリの所に出た。

10 

 

 

 

 

 

 

 

魚吹は屋台より、ダンジリがメイン。

夜は初めて見たけど、けっこう綺麗やなぁ

| コメント (0)

2009年10月15日 (木)

祭りな休日

今日は婦人科の診察があるので、仕事はお休みだが、

早めに起きようと思っていたが、目が覚めると、朝9時過ぎ。

大慌てで起きて、着替えて、お出掛け。

朝、ウーが起こしに来た時に、起きてれば良かったかな

その後、病院に着くと、何故かあまり人が居ない。

はて?と思いながらも、中に入り診察を受けると、

ついでに血液検査を受ける事になった。

こういう検査は毎年受けないといけないんだそうな。

子宮癌の検査も受けないといけないらしいが、

これは一緒に受けちゃ駄目なので、

別の日に来てと言われた。

血液検査の結果は来月ねと言われて、診察終了。

隣の薬局で薬を受け取って、母に電話すると、

まだ仕事があるので、お昼を食べてからになり、

時間が空いたので、色々買い物しようと、

飾西の「ダイソー」に移動。

会社のものを買った後、下手野に在るマックへ移動し、

少し早いお昼にした。

食べたのは、もちろん、グラコロ

お腹が空いていたので、スペシャルセットにしてみた

Photo_2  

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりで、すっごく美味しかった

その後、一旦、帰宅し、両親と合流。

駐車場で待っていたウーが、私を見て大喜び。

大興奮のウーを連れて、灘のけんか祭りに行った。

やっぱり姫路最大の祭りなので、物凄い人。

きょろきょろと工務Kを探すが、あまりの人で、

とてもじゃないが分からない。

屋台なら場所が分かるが、今年は3体のお神輿。

どれだよっていうか、お神輿どこよと探すと、

今、まさに御宮から出てくる所だった。

しかし、お神輿と一緒に、沢山の人が出て来たので、

更にお神輿に近寄れない。

仕方なく、工務Kを探すのは諦めて、

ウーのお水を買いに自販機を探すが、

物凄い人で歩くのも大変。

やっとの事でお店を見付け、お水と自分用にお茶を購入。

母とウーの元に戻ってみると、じっと座っている母に、

ウーはすっかり飽きてしまい、遊ぶの~と大暴れ。

しかし、ちょうどその時、御宮からお旅山に移動する為、

お神輿が近付いて来たので、急いでお神輿の近くへ移動。

8  

 

 

 

 

 

 

 

動くお神輿の邪魔をしないようにと皆が前を開けたので、

ぽっかり空いた場所に出られた。

おかげで、間近で見れた

しかし、どうしても工務Kが居ない。

御宮の隣の学校前まで付いて行って、

お神輿の周りをあちこち探すが、やっぱり居ない。

これはもう見つからないだろうと、

とぼとぼと御宮に引き返したかけたとたん、

真ん前に工務Kが居た。

思わず、どっちもが、「あっ、おった」と言った。

今日は休み?と訊かれ、そうそうと答えながら、

カメラを向けてぱしゃり。

恥ずかしい~と言いながらも、ばっちり満面の笑み。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・祭りの事しか頭にないし

そういや、なんでお神輿担いでないんだろうと思いながら、

お旅山に行く工務Kの背中を見送ると、

背中一面に砂が付いていた。

どうやら、先程、お神輿がひっくり返った時、

一緒に転んだらしい。

その後、叫びっぱなしのウーを連れている母の所に戻り、

写真を撮りまくって、どこに居るか分からない父を残し、

とっとと車の所に戻り、父から電話が入り、

まだ写真を撮ると言うので、ほったらかしにして、

バスマットを買いに「ムサシ」に移動。

母がバスマットを選ぶ間、ウーをあやしながら、

隣の手帳コーナーで、来年の手帳を見たが、

なかなか良いのが見つからない。

まぁ、後2か月有るから、のんびり探そう

その後、夕食の買い物をして帰宅すると、

叫び疲れたのか、ウーはぽてっと横になり、爆睡。

・・・・・・・・・・・寝てる時は可愛いのにねぇ

| コメント (0)

2009年10月10日 (土)

街は祭りで大賑わい

今日はお休みだったので、少しゆっくり寝ていると、

閉じた襖の向こうから、ウーがきゅんきゅん鳴くので、

ハイハイと言いながら襖を開けてやると、

嬉しそうにぴょんと跳び付き、尻尾を振って私を突き、

私がむぎゅうと呻きながらウーを撫でると、

何やら喜んでベッドの下に潜り込み、

何かをくわえてまたやって来た。

何?と見ると、なんとボール。

どうやら遊ぼ~と言ってるらしい。

ウーがベッドの上であんまりはしゃぐので、

仕方なくのそのそ起きると、母は衣替えの作業中で、

他に誰も居ない。

どうやら、誰にもかまって貰えず、私に甘えに来たらしい。

やれやれと着替えて、母と一緒に衣替え開始。

しかし、甘えん坊のウーは、出した服の上に乗ったり、

母や私にかじり付いたりと、邪魔ばかり。

結局、あまりに作業がはかどらないので、

私がウーのお散歩に出掛ける事にした。

私が鞄を持ったとたん、ウーは半狂乱で大喜び。

きゃっきゃと飛び跳ねながら、てくてく歩いて、

近所に在る「姫路サンド」に寄り、サンドイッチを購入。

選んでいる間、ずっと止まっていたので、

まだまだ遊びたいウーは、私に向かってぎゃんぎゃん吠える。

大慌てでお金を払い、すぐに移動。

いつも行かない場所に稲荷神社を見付けたりと、

ぽてぽて歩いてお散歩した後、ローソンに寄った。

店の前で止まったとたん、ウーはきっと私を睨み、

ぎゃうぎゃう吠えたてたが、丸無視して店に入り、

ジュースを買って出てくると、ウーは私が買って来た袋を、

ふんふん匂い、袋に向かってぎゃんぎゃん吠える。

「何買って来たウーのやろ、寄こせっ」と、

言ってるらしい。

しかし、ウーのものは1つも何も買ってないので、

はいはいと適当に返事をして、ぷらぷら歩いて帰宅すると、

母の作業はだいぶ進んでいた。

母の文もサンドイッチを買っていたので、

ちょっと休憩がてら朝食を食べた。

その後、トレーナーは出さなかったせいか、

衣替えは予定より随分早く終了。

お昼になり、父が帰宅してから、

蓼野町に在る「長浜ラーメン」に行った。

先日、食べたとんこつラーメンは美味しくなかったので、

今日は美味しいラーメンを堪能。

Photo_21  

 

 

 

 

やっぱり凄く美味しかった

満足して店を出た後、本を買いにアメリカ村に移動すると、

今在家の屋台が出発準備をしている所だった。

1_2  

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ屋台は荘厳で凄いよな

屋台に近付き、居るはずの工務の新人君を探すと、

すぐに見付けた。

今年は会計だと言っていたので、確かに会計用の鞄を持ち、

屋台の傍に付いていた。

写真を撮ってあげて分かれた後、本を買ってから、

今度は夕食の買い物に移動。

ずっと車の中でお留守番のウーはすっかりむくれてしまった。

091010  

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・拗ねてる姿も可愛い

| コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

心躍る祭りの始まり

今日もいつも通りに起きると、ウーは自分の寝床で、

私の前の枕を使って、ぐっすり寝ていた。

09109 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・こうしてる姿が一番可愛い

その後、いつも通りに出社し、ちょうど一緒に出社した、

設計Kと話をしながら自分の席に行くと、

机の上はどっさりと書類と図面が山積み。

思わず、うわぁ・・・と絶句。

私と話していた設計Kと、私の隣の席の新人Mは、

私が引きつるのを見て、苦笑いしていた。

その後、掃除をして、仕事開始。

やっぱり書類の山はとてつもなく、

全ての事務を振り分けるだけで、30分掛かった。

どたばたと仕事をしていると、外から太鼓の音が聞こえる。

今日は恵美酒宮の本宮で、8年に1度の神事で、

近所の公園に全ヤッタイが集まるので、

全てのヤッタイが続々とやって来る。

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

会社の窓から見えるので、全員の仕事の手が止まり、

生まれて初めてヤッタイを見た設計Mは大興奮。

外に出て見に行ってしまった。

戻って来た設計Mはおっきいなぁと感心していたが、

恵美酒宮のは灘に比べて、随分小さいのよね

暫くすると、今在家在住の工務の新人Kが帰社。

なんだかふらふらしている。

外は相変わらず、太鼓の音が響いていたので、

拷問のようやなと話しかけると、

えらい時に帰って来た、仕事が手に付かんと半泣き。

それなら、ブログ用の写真を撮って来てと頼むと、

「ハイッ」と返事し、すぐにお昼休みになったので、

間近で見たがった設計Mと2人でいそいそとお出掛け。

1時間程して戻って来たので、撮った写真を見ると、

ちょうどお昼だったので、どのヤッタイも休憩中だった。

7  

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱヤッタイは優美やな。

その後、練り合わせがある午後1時半を過ぎ、

買い物に出掛けていて、まだヤッタイを見ていなかった、

設計YとKがフンドシ姿の若い男の子のお尻を見に、

いそいそと出掛けたので、「練り合わせ」を見たい設計Mが、

やっぱりいそいそと付いて行ったので、

工務の新人君は、「一番の祭り好きを置いてくな~」と、

大慌てで付いて行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・完全に仕事にならんな

44  

 

 

 

 

 

 

 

戻って来た後、設計達が撮った写真を見ると、

なかなかよく撮れてた。

まぁ、祭り大好きな工務の新人君が居たしね

その後、夕方になり、灘の中村在住の工務Kが帰社。

お昼休みに、恵美酒のヤッタイ見に行こうと、

工務の新人君が電話をしていたが、

仕事でたつのや書写を走り回っていて、

到底行けないと断っていたので、写真を見せると、

「嫌がらせや~」と泣いていた。

なんせ、灘の祭りは来週の水曜と木曜。

まだまだお預けくらった状態。

それでも、祭り大好きな彼は、泣きながらも、

写真を止める事が出来ず、ずっと見ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・拷問やったな

| コメント (0)

2009年2月 3日 (火)

恵方の先にはウーが居る。

今朝、いつも通りに出社すると、営業Sが掃除をした跡があったが、

ゴミは出していなかった。

まぁ、そうだろうな・・・・

ちょうど出社して来た設計Mと一緒にゴミを集め、

設計Mがゴミを出している間に、私はトイレ掃除。

暫くすると、設計YとKも出社。

すぐに仕事開始。

今日は、午後1時から太陽光発電の勉強会があるので、

お昼を過ぎると、次々と営業達が戻って来て、

更に兄弟会社の営業達もやって来た。

午後1時前になると、勉強会で説明をするメーカーもやって来た。

あまりの人の多さに会議室は歩く事もままならない。

しかも椅子が足りないし・・・

えらい騒ぎの中、午後3時過ぎまで勉強会が続いた。

やっと勉強会が終了すると、皆が事務所に戻り、

今度は事務所が歩けない程いっぱいになった。

暫くすると、兄弟会社の営業達は、何人か帰り、

椅子を元に戻していた設計Mが時計を見ながら、

「今日、火曜って事は、工程会議?」とぼそりと呟いた。

同じく時計を見ながら、「そうやで。」と私が答え、

「後10分で工程会議が始まるな。」と設計Kが答えた。

2人が当然のような顔をしていたので、

設計Mは呆然としていると、「さぁ。始めよか。」と言いながら、

常務が横を通った。

皆が苦笑いしながら、会議室に戻って行った。

今日はずっと会議漬けやな

その後、夕方5時頃に会議終了。

工程表が届いたが、どえらいモデルハウスが増えている。

・・・・・・・・・・・・・どうすんだか、こんなに・・・・

しかし、今日はまだ図面があがらないので、暇な私は、

夕方には仕事を終えて、帰宅。

今日は節分なので、恵方巻きが用意されていたので、

東北東を向こうとしたが、母と祖母が全く違う方向を指すので、

痺れを切らした私は、恵方は向かず、反対方向のTVを見ながら、

普通にしゃべりながら食べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・何の為の恵方巻きだか・・・

夕食を終えてまったりしていると、弟も帰宅。

弟の時は漸く方向が定まったので、恵方に向いて食べていると、

もごもご口を動かす弟を見たウーが、すっと寄って行き、

膝の上に乗り、弟の口に向かって、「出せ。」と命令。

どうやら、コタツの方を向いてないのは、自分にくれる為に、

自分の方に向いてるからだと勘違いしたらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・どこまでも自分本位な奴やなぁ・・・

結局、一口ももらえなかったウーはすっかり膨れていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんかちょっと可愛い

| コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

家の中でもお祭り騒ぎ

今日は設計2人がお休みなので、私1人で掃除開始。

そのついでに、会社の前から屋台蔵を撮影

002  

 

 

 

 

 

 

 

昨日と今日は会社の在る地区のお祭りなので、

人が大勢居るかと思ったら、とっくに出発した後だったらしく、

屋台蔵の扉は閉まってるし、人も居ない

結局、夜になってもヤッタイは戻って来なかった。

静かで良かったけど、ちょっと見たかったなぁ・・・

掃除の後、すぐに書類と図面が山積みの机に向かい、仕事開始。

しかし、朝からがんがん電話が掛かりまくるので、

ちっとも仕事が進まない

しかも、次から次へと仕事が来るので、ちょっと泣きそう。

ばたばたしているうちに、あっという間にお昼が過ぎ、

夕方になっても私の机の上は山のまま・・・・

結局、夜7時半になっても仕事は終わらない。

仕方なく、全て明日に持ち込む事にして帰宅。

夕食後、ウーと遊んで、やっと落ち着いた。

08109  

 

 

 

 

 

 

 

が、大騒ぎしたので、身体はへとへと

ウーもすっかり遊び疲れたらしく、すぐにうとうと寝始めた。

・・・・・・・・寝てる姿はほんとに可愛いんやから

| コメント (0)

2008年8月30日 (土)

夏休み最後。

今日はお休みなので、ウーを連れてお出掛けする事にした。

朝9時に起きて、すぐにお出掛けの用意。

ウーは皆の足元をばたばた走り回りながら、「さぁ行くよ」と催促。

車に乗り込んだ時には大興奮で大暴れ。

しかし、姫路バイパスに乗ったころから大人しくなった。

・・・・・・・・・・・・・どうやら遠出だと気付いたらしい

ウーの予想通り、姫路バイパス、第二神明を通り、淡路島へ。

1時間程で、明石大橋に到着。

1  

 

 

 

 

 

 

 

やっぱし大きいよなぁ。

今日は天気が悪いので、景色があまり見えないのが残念。

すぐに明石大橋を渡ってしまい、淡路島に上陸。

少し雨が降っていたが、「淡路SA」の下り線でちょっと休憩。

しかし、ウーが居るので、SAの中には入れない。

仕方なく、入口付近にあるベンチに座り、お茶する事にした。

目の前にたこ焼き等が売っているので、トンとろ串を購入。

いい匂いがするからか、ウーが尻尾を振って跳び付いて来た。

「ちょうだい、ちょ~う~だ~い」と駄々をこねるので、

結局、私は殆ど食べられず・・・

30分程のんびりしたので、次の目的地に移動する事にした。

・・・・・・・・・・・・・・・・結局、私のオヤツは殆ど無しのまま

お腹空いたなと思いながら、20分程で淡路島を縦断し、

鳴門大橋に到着。

大橋を渡ってすぐの鳴門北ICを出て、鳴門大橋のすぐ傍に在る、

「鳴門公園」という所に行った。

ここは国立公園らしく、駐車場は420円を強制的に取られた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・停めるつもりは無かったんだけどな・・・

それでも、せっかく駐車場代を払ったんだからと、

てくてく歩いて、階段を少し登り、「お茶園展望台」に行った。

ここからは鳴門大橋と渦潮がよく見える。

7  

 

 

 

 

 

 

 

明石大橋より小さいけど、こちらも凄い。

だが、時間が悪かったのか、はっきりした渦は見れなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっと残念

その後、お昼を食べる為、「鯛丸」という民宿へ。

観光バス等が停まって、けっこう繁盛していたが、

時間をずらしたせいか、席は空いていた。

車から降りる時、置いてかれるウーは半狂乱で鳴いていたが、

流石にウーは中に入れないのよね。

急いで店内に入り、すぐに注文。

お寿司が食べたかったが、メニューにお寿司が載っていなかった。

まぁ、お刺身でもいいかと、定食みたいなものにした。

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

潮路会席、1,900円だったかな?

やっぱり、鳴門は漁業の街だからか、けっこう美味しかった。

その後、先程の公園そばに在る、「大塚国際美術館」へ移動。

以前から、母と2人で「行きたいなぁ・・・」と言っていた美術館。

せっかく目の前に在るんだから、ぜひ行ってみようという事になった。

しかし、ウーは入れるわけがない。

とりあえず、駐車場の場所がよく分からなかったので、

場所を訊こうと、美術館入り口の警備員に近づくと、ウーを見て、

「ワンちゃんが居るなら、そこに停めて良いですよ。」と、

入り口脇に在る、障害者と観光バス用の駐車場の前に、

邪魔にならないように停めさせてくれた。

・・・・・・・・・・・・・親切な人だ。

お礼を言いながら、車を停め、ウーと子守役の父を置いて、

私と母は切符を買って、中に入った。

・・・・・・・・・・・・・・・1人、3,150円もした・・・

・・・・・・・・・・・・・流石は、天下の大塚製薬というべきか?

一瞬止めようかと思ったが、やはりここまで来たし、

見たい絵があるので、入る事にした。

早速、最初の部屋に入ってみると、

どこぞの教会の壁が再現されていた。

1_2  

 

 

 

 

 

 

 

これは凄いと思いながら、他も見ていく。

24  

 

 

 

7_212  

 

 

 

2318  

 

 

 

殆ど印刷物で、言い方は悪いが、全て偽物。

でも、どうやら実物大で、ちゃんと綺麗に再現されている。

絵画や芸術品、それも古代の物が大好きな母は、

静かにボルテージが上がっていた。

おかげで、駆け足でさっさと観て行く予定が、

1つ1つ、じっくりしっかり観て行く。

なんせ、たとえ印刷の偽物といっても、超有名な物まで勢ぞろい。

モナリザまで有ったくらい。

26  

 

 

 

 

 

 

 

興奮しながら、1フロア終了し、次のフロアに移動する時、

ふと時計を見ると、すでに美術館に入って1時間経っている。

「どひ~」と言いながら、こんどこそ駆け足で観て行く。

どうしても観たい絵があったので、それを探しながら、

「あ、これ、あの有名な」、「あれ、教科書に出てくる」とか、

母と2人で興奮しながら観ていくので、駆け足がだんだん遅くなる。

そんな中、お目当ての絵に到着。

25_2  

 

 

 

 

 

 

 

「最後の晩餐」復元前と復元後。

これが見たくて、高い金払ったのよ

まぁ、この絵も興奮したけど、一番興奮したのは、

ポンペイの絵画だった。

・・・・・・・・・・・・・・考古学、大好きなのよね、私・・・

結局、そこで時間切れだという事で、ルートを逆戻り。

近代と現代の絵画が観れなかったのは残念だが、けっこう満足し、

大急ぎで外に出ると、父は写真を撮っていて、

ウーは父の足元でご機嫌な顔をして、尻尾を振っていた。

なんでも、人が通る度に、「遊んで~」と騒ぐので、

切符売りのお姉さんまで出てきて、ウーと遊んでくれたらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・どこに行っても人気者のウー

その後、もう他の行きたい所は無いので、高速道に乗り、

元来た道を戻る事にした。

途中、「淡路SA」上り線に寄った。

こちらにも展望台があるので、休憩がてら、明石大橋を眺めた。

6  

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと高い位置から見れるが、ちょっと遠いかな・・・

その後、また1時間半程で、姫路市に戻って来た。

夕食の買い物をする為、自宅近所のスーパーに到着。

今度は、私がウーと一緒に車に残り、両親がスーパーの中へ。

また置いてかれたウーは、半泣き状態。

しかし、私は眠かったので、そんなウーをほったらかしで、

シートを倒して、少しうとうとしていた。

すると、安心したのか、ウーは私の足元で大人しくしていた。

だが、私が邪魔なシートベルトをはずしたとたん、

ガバッと起き上がり、私の足にしがみ付いてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・私にまで置いてかれたくなかったらしい

抱っこして、私の胸の上に乗せると、

ウーはぴとっと引っ付いたまま、うとうとし始めた。

ほんまに可愛いんやから

買い物を終えて、帰宅すると、流石に疲れたのか、

私は自分のベッドで熟睡。

ウーも座卓の下で爆睡。

どちらも、夕食になるまで起きなかった。

私のお昼からのリクエストだったお寿司の夕食が終わると、

一眠りしてすっかり目が覚めたウーは、

「遊んで~」と駄々をこね始めた。

仕方なく、風船を取り出し遊んでやると、大喜びのウー。

08830_7  

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほんま、元気やね・・・

| コメント (0)

2008年7月26日 (土)

浮かれ気分で、祭り気分。

今日も朝6時半に私にダイビングするウー。

「ウー」と唸ったところで、ウーには関係無し。

尻尾を振って、「起きて~遊ぼう~」とはしゃぐだけ。

・・・・・・・・・・・・・ほんま、朝から元気や・・・

結局、私だけが寝不足になり、ふらふらしながら出社。

その前に、欲しい本が有ったので、姫路駅南出口の本屋に行った。

先週、何故か閉まっていたので、今日もだろうかと心配し、

昨夜、ネットで調べたが、どこにも何も書いてないので、

行ってみる事にした。

駅に着くと、「味三昧」の所は白いシートが張ったままだが、

本屋は開いていた。

すぐ中に入って目的の本を購入。

・・・・・・・・・・・・・先週のは何だったんだ?

その後、いつもより5分程遅れて出社し、掃除開始。

相変わらず、セミの大合唱を聞きながら掃除して、仕事開始。

セミの鳴き声って、聞くだけで暑さが倍増するよね・・・

その後、仕事は暇なので、のんびりしながら、適当にしていると、

契約の有る専務と1番若い営業が出社。

とたんに、あれこれ言われて、ばたばたし始めた。

わたわたしているうちに契約が始まり、お昼になった。

設計の1人は明日が建築士の試験なので、

お昼を食べて暫くすると、帰宅してしまった。

すると、彼女宛に電話が何本か入って来る。

・・・・・・・・・・・・何故、午前中に掛けて来ない・・・

もう1人の設計が苦笑いしながら、対応していた。

その後、午後3時になり、漸く午前からの契約が終了。

営業は会議室から、ふらふらしながら出て来て、やっと昼食。

・・・・・・・・・・・・・営業って、ほんとに大変だよな・・・

その後、夕方になり、予定時間の1時間も前に、

契約のお客様が到着。

驚いていると、すぐに、兄弟会社に詰めている営業が慌てて到着。

そのままお客様と契約開始。

・・・・・・・・・・・・・・そんなに慌てなくても良いとは思うが・・・

よっぽど楽しみだったのかもしれない。

その後、午前に続いて、専務と営業は、また別の契約。

3ヶ月程売り上げが無かった1番若い営業マン。

何故か、先日、同じ日に2件も売った。

・・・・・・・・・・・・・・・ま、世の中そんなもんよね。

夕方6時を過ぎ、仕事が無くなった私は仕事を終了し、帰宅。

TVを観ていると、ケーブルTVで飾磨のみなと祭りを、

生中継していた。

それを観た父は、お出掛けの用意をして、

「花火を撮りに行く。」と言い出した。

それを見たウーは、自分も連れてけと大騒ぎ。

仕方なく、ウーのお守りに、私が付いて行く事になった。

しかし、時間はすでに8時半。

案の定、飾磨の浜国に着いた頃には、すでに花火は終わり、

皆、帰っていくところだった。

・・・・・・・・・・・・・まさに、無駄足。

何しに行ったんだか・・・

人間の事情など分からず、気にしないウーは、

ただお出掛けした事に喜んでいた。

・・・・・・・・・置いてけぼりが1番嫌いやもんね、ウーは。

結局、どこにも寄らずに帰宅すると、母が呆れていた。

私にとってはいい迷惑。

読む本、いっぱいあったのに。

| コメント (0)

2007年10月14日 (日)

季節と人の風物詩

今日も1日、モデルハウスで待機。

モデルハウスを開け、すぐ掃除をしていると、

午前10時半に来客予定だったので、店長モデルハウスに来た。

入ってくるなり、リビングの床を見て、「すっごい綺麗や。」と叫んだ。

・・・・・・・リビングはまだ掃除してないけど・・・

呆れながら掃除を終え、お客様が到着するまで、しばし待つ。

遊びたいけど、店長が居るので、おおっぴらに遊べない。

それでも、のんびりを読んでいると、

約束の時間より少し早くにお客様到着。

店長が案内をしている間、私は外で待機。

急いでいたので、を持たずに外へ出た為、超暇。

車のキーは持っていたので、車の掃除をしたりして、

時間を潰していたが、1時間はちょっと長かった・・・

相手が引き気味になっていても、食い下がって離さないのは、

店長の悪い癖。

今回のお客様もちょっと辟易しているようだった・・・スミマセン・・・

その後、漸くお客様が帰られ、店長も別の分譲地へ移動。

私は、暫く遊んでから、お昼。今日はお弁当有り。

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

昨日の夕食がいなり寿司だったので、その残り。

人参等、具材が入っているいなり寿司をよく見るが、

我が家のいなり寿司は白胡麻のみの、どシンプルないなり寿司

とっても美味しかった。

満足してから、昨日同様、ソファで横になり一眠り。

午後からも、サボリながら、のんびり勉強していると、

お客様が来場。今度は、私1人で案内した。

朗らかな人達だったので、「理想の家」について談笑しながら、

案内したが、買うかどうかは分からない。

まぁ、突然すぐにを買う人は居ないだろうしね。

その後は、誰も来なかったので、またのんびり勉強

午後5時を過ぎると、外から太鼓の音が響いて来た。

来週、いよいよ祭り本番なので、練習しているらしい。

ちょっと五月蝿いけど、けっこう良い音させてたなぁ。

太鼓の音が聞こえると、だと感じる。

漸く気温も下がり、涼しい風が気持ち良い。

・・・・・・・・・・・・ほんとになんだなぁ。

| コメント (0)